カマカのテナー

ウクレレ屋さんにカマカのテナーが入荷したというので、
弾かせてもらいました。

さすが高級楽器にふさわしい音色で、特に高いフレット位置の
音は正確だし、しっかりと響くし文句なし!

以前のようにフレット幅の大きさはあまり気にならなかったが、
弦圧の強さはやはり多少の違和感あり。

お店の兄ちゃんははっきり「慣れの問題です」と断言してたが、
自分もそう思います。

唯一の懸念は、今弾いているウラベ・ミディアムの音色をこよなく
愛していて、テナーを買うと多分こちらのほうは当面お蔵入りに
なるだろう、ということです。

ソロ弾き用に今と同じ仕様で、ウラベさんにテナーを作ってもらうか、
あるいはカマカのテナーに行くか、思案のしどころです。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック